ハイパーカーSSC Tuatara:スペック、価格、馬力、最高速度、加速度0~100

Hypercar SSC Tuatara: specs, price, horsepower, top speed and acceleration 0 – 100

SSC Tuataraは、アメリカの有名なチューニングスタジオ、Shelby Super Carsが手がけるハイパーカーです。2011年、SSCアジア初の公式駐在員事務所の開設と同時に、上海モーターショー(中国)で初公開された。

このクルマは、メーカーの担当者によると、地球上で最速の市販車であると主張している。最初のハイパーカーは、2014年に生産ラインから転がり出て、現在も生産されています。

SSC Tuatara - характеристики, фото, видео, обзор

 

会社のトップは、高い評価を得たブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツの世界速度記録の後に、新しい速い車(SSC TuataraはSSC North Americaの2番目の車)を発売することに決めました。それ以前は、SSCアルティメット・エアロTTがリードしていた。

ハイパーカーの名前は、ニュージーランドの近くに生息するトゥアタラ(古代マオリ族の言葉で「背中に峰がある」という意味)に由来しています。デザインは、SAABを代表するデザイナー、ジェイソン・カストリオタが担当した。

世界速度記録は、2020年10月10日にイギリス人のオリバー・ウェブによって樹立された。彼は「ボライド」を508.73km/hまで加速させることができた(2回の走行の平均:484.53km/hと532.93km/h)。

 

 

SSC Tuatara 仕様:

  • 最高速度:455km/h
  • 100km/h加速:2.5秒
  • 馬力 – 1774 hp
  • 出力密度 – 1423 hp/t
  • エンジン容積 5900 cm³
  • 車両重量 1247 kg

 

SSC Tuatara エンジン:

 

ボンネットの下には、1,350bhp(6,800rpm)の出力を持つV8ツインターボを搭載しています。一方、レギュラーガソリンではなくE85レーシング燃料を充填した場合、出力は1,774bhpと大幅に向上する。トランスミッションは7速マニュアルのHパターンのほか、トリプルクラッチディスクを備えた7速シーケンシャルロボットギアボックスSMGを搭載しています。

 

SSC Tuatara 0 – 100:

2.5秒で100に到達する。

 

SSC Tuatara トップスピード (SSC Tuatara スピードレコード):

READ  アバルト124スパイダー:スペック、価格、馬力、最高速度、0-100加速度

2回の走行の算術平均で、508.73km/hの世界最高速度となった。安定した「最高速度」は455km/h程度である。

 

SSC Tuatara 内部:

 

SSC Tuatara 価格 (購入 SSC Tuatara):

車両の現在価値 ¥2,500,000

 

SSC Tuatara Aggressor:

アグレッサーも空力的な改良を受けたが、焦点はエンジンを2,200bhpにパワーアップさせることだ。開発者によると、このサーキット仕様車は「無限にチューニングできる」というが、その意味するところは明確ではない。Aggressorは10台限定となる。

 

SSC Tuatara Striker:

ストライカーは、カーボンファイバー製のエアロダイナミックフロントエンドを再設計し、ダウンフォースを数倍に増加させた。新しいカーボンファイバーの光学系には、中央に垂直スタビライザーを備えた巨大なアンチウィング、精巧なディフューザー、スポイラー、サイドのフラップ、エアインテークが含まれています。その結果、フロントアクスルのダウンフォースは45.4%、リアは54.6%増加した。出力は標準のトゥアタラと同じで、5.9リッターV8ツインターボは従来のガソリンで1,350bhp、E85ブレンドで1,750bhpを発揮する。